TOP曹洞宗とは役割と歴史布教方針行事案内行事報告参禅道場ご案内布教師法話周辺地図観光案内リンクお問い合わせ   曹洞宗中国管区教化センター
曹洞宗とは

曹洞宗(そうとうしゅう)
 曹洞宗はお釈迦(しゃか)さまより歴代の祖師(そし)がたによって相続されてきた正伝(しょうでん)の仏法(ぶっぽう)です。

曹洞宗はお釈迦(しゃか)さまをご本尊として仰ぎます。
本尊唱名は、南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)です。


両祖

瑩山禅師 道元禅師

瑩山禅師

道元禅師

 曹洞宗は今から八百年ほど前、鎌倉時代に高祖(こうそ)道元禅師(どうげんぜんじ)さまが我が国に伝えて、ゆるぎなき基礎をきずかれ、四代目の太祖(たいそ)瑩山禅師(けいざんぜんじ)さまが一層盛んになさいました。このお二方を両祖大師(りょうそだいし)と申し上げます。


大本山 

 曹洞宗は大本山を二つもっています。福井県にある永平寺と、横浜市にある總持寺です。ちょうど、私達が父と母の両親を持つように、道元さまの永平寺と、瑩山さまの總持寺を両大本山とお呼びします。

 道元さまが正しい仏教の教えを中国より日本に伝えられ、道元さまから四代目の瑩山さまが全国に広められ、曹洞宗の礎を築かれました。


大本山 永平寺(えいへいじ)


 大本山永平寺は、高祖道元禅師(こうそどうげんぜんじ)が1244(寛元2年)、傘松峰大仏寺(さんしょうほうだいぶつじ)をひらかれ、のちに吉祥山(きちじょうざん)永平寺と改められたのに始まります。
 これは、お釈迦さまから正しく伝えられた仏道修行の根本道場であるという高い理想と、仏道が人びとの永遠の平和としあわせのもとであるという、深いお心によるものです。
 こうして、約750年の伝統を誇る永平寺は、今もつねに二百余名の修行僧が日夜修行に励んでいます。四囲の老杉や谷川のせせらぎにも禅のおく深さが感じられ、訪れる人びとは、おのずと襟(えり)を正します。

永平寺

《高祖道元禅師さま御開山》

福井県吉田郡永平寺町志比
TEL 0776-63-3102


大本山 總持寺(そうじじ)


 

 大本山總持寺は、石川県にあった諸嶽(もろおか)寺を、1321(元亨元)年、太祖瑩山禅師(たいそけいざんぜんじ)が諸嶽山總持寺(しょがくさんそうじじ)と改められたのに始まります。明治時代の焼失を機会に横浜市に移転し、現在に至っています。
 交通の便がよく、わが国の海の玄関に位置するところから、国際的な禅の根本道場として偉容を誇っています。まさに、瑩山禅師の教えそのままに、ひらかれた道場として、地の利をいかし、社員研修や参禅会等が行われています。
 さらに、教育に力を注がれた禅師のお心を受け継ぎ、山内には総持学園が創設され、広く門戸を開いています。

總持寺

《太祖瑩山禅師さま御開山》

神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
TEL 045-581-6021



教義

わたしたちはみな仏(ほとけ)の子(みこ)であり、生まれながらに仏心を具えています。
しかしそれに気づかずに我がまま勝手の生活をして苦しみ悩みのもとをつくっています。
ひとたび仏さまに懺悔(さんげ)し帰依(きえ)するならば、
心が落ち着いておのずから生活が調えられて明るくなり社会のお役に立つことを喜び、又 どんな苦難にも耐えて生き抜こうとする信念が生まれます。
そこに生きがいと幸福とを発見するのが曹洞宗の教えであります。

お経

「修証義(しゅしょうぎ)」
「般若心経(はんにゃしんぎょう)」
「観音経(かんのんぎょう)」
「寿量品(じゅりょうほん)」
等の諸経典を読誦(どくじゅ)します。

Copyright (C) Sotoshu Chugokukanku Kyouka Center All rights No reproduction or requblication written permission